ICF-5900(スカイセンサー5900)

画像


トップページにもアップの写真がありますが、まさにBCLが全盛の頃のラジオですね。

この頃のBCLラジオは、このソニーのスカイセンサーシリーズと、ナショナルのクーガシリーズが2大勢力で、多くの人がこのラジオを使ったことでしょう。
それ以外には、東芝のトライエックスシリーズや、三菱ジーガムなんかが懐かしいところですね。三菱はラジオ短波(現、ラジオ日経)でBCLの番組も放送してました。

私もBCLを始めたきっかけは、ソニーのICF-5500Aを購入したことからでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月02日 01:38
 いや~、懐かしいですね~。BCL全盛時代は私はまだ小学生でしたが、トライエックスのCMの「BCLに革命を!」なんてセリフに感化され、親にねだった記憶があります・・・

 それなのに、中学生になる頃にはBCLもすっかり下火・・・私も友達と同じような、普通のラジカセを買ってもらって喜んでいました・・・(汗)
2007年09月02日 01:53
TryX使われてたのですか?
実は私も一時期TryX-1700のユーザーでした。
残念ながら手放してしまい、写真も残っていないのですが。

東芝も独特の直読システムを搭載していましたよね。所謂スプレッドダイヤルでしたが、結構精度が高くて実用になってましたね。

この記事へのトラックバック